ココナッツオイルのスキンケアや食事などの効果的な使い方

サイトマップ
運営者情報

ココナッツオイルを正しく、効果的に使う

ダイエット効果や美肌効果があると言われているココナッツオイルですが、使い方を間違うと逆に太ってしまう、ということもあります。また、食事としての使い方もありますが、スキンケアとして使うことで、より高い美肌効果が期待できるでしょう。さまざまな使い方のあるココナッツオイルを正しく生活に取り入れ、美しい体を肌を手に入れましょう。

ココナッツオイルを食事に取り入れる

甘く香りのいいココナッツオイルを食事に取り入れるという使い方があります。加熱にも強いといった性質があるので、料理にも使うことが可能です。トーストやパンケーキに塗ったり、コーヒーに入れたりするのもおすすめ。摂取量は1日あたり大さじ1~2杯程度を目安にしましょう。酸化しにくいという性質もあるため、揚げ物にもオススメです。ダイエット中の人はココナッツオイルを使ってフライを作るといいですよ。

スキンケアとしての使い方

スキンケアやボディケア、ヘアケアとしての使い方もあります。ココナッツオイルは25度以下だと固まってしまうので、液体に状態にして使うようにしましょう。浸透力が高く、次に塗った化粧品の成分を浸透させてくれるので、一番最初に使うのがおすすめです。また、ヘアケアとしての使い方もあります。髪の毛がパサついている時には、トリートメントとして使いましょう。髪を塗らし、大さじ1~3倍程度のココナッツオイルをつけ、10分程度そのままにして、洗い流します。髪がしっとりしますよ。

ココナッツオイルでマッサージ

保湿力が高いココナッツオイルは、マッサージとしての使い方もおすすめです。ココナツオイルを適量手に取り、足や手など気になる部分に塗ります。足首からふくらはぎ、ふとももの順にリンパの流れにそって、優しくマッサージをしましょう。アロマオイルなどを入れると、香りもよくリラックス効果も高まると言われています。肌に優しく、ベタつきも気にならないのでおすすめです。

適量を守って使う

ココナッツオイルの使い方の一つは食事に取り入れる方法です。食用油として使ったり、化粧品の浸透力を高めるスキンケアとして使ったりすることもできます。またマッサージオイルとしての使い方があります。特にダイエットを気にしている人は、ココナッツオイルの使用量に注意しましょう。使いすぎると太ってしまいますよ。スキンケアとして使うのも、多すぎるとかえって肌に負担をかけてしまうので、適量を守ることが大切です。

最新記事

2016.2.1
大手百貨店も認めるココナッツオイル
2016.2.1
水分量0.04%の極限のココナッツオイル
2016.2.1
本場アメリカNo1ココナッツオイル
2016.2.1
ハーブ業界のパイオニアが作るオイル
2016.2.1
高品質で安全なココナッツオイル

No.1

エクーア

エキストラバージンココナッツオイル

安全性
5
品質
5
お求め安さ
5

No.2

レインフォレストハーブ

オーガニックバージンココナッツオイル

安全性
4
品質
4
お求め安さ
5

No.3

Dr.ブロナー

オーガニック バージン ココナッツオイル

安全性
4
品質
3
お求め安さ
4

運営者紹介

運営者紹介

美容にもダイエットにも役立つココナツオイル。さまざまなココナッツオイルが販売されていますが、比較してみると、使い心地も効果もさまざまです。その中で安全に使用でき、効果もきちんと期待できるものを選びたいものです。このページでは、おすすめのココナツオイルや効果、正しい使用方法などについて解説しております。

更新情報