ココナッツオイルが肌に良い理由をおすすめの利用法を解説

サイトマップ
運営者情報

ココナツオイルを使ったスキンケアの方法

ココナッツオイルは料理オイルとして使ったり、パンに塗ったり、コーヒーなどに入れたりして摂りいれることで、体内から肌荒れを防ぐことができます。それはココナッツオイルに含まれるビタミンEや食物繊維の働きによるもの。さらにスキンケアとして利用することで、肌の新陳代謝を高め、肌荒れを改善してくれるでしょう。ココナッツオイルを効果的に使うスキンケアの方法を紹介します。

ココナッツオイルの美肌に対する効果とは?

ココナッツオイルが美肌にいいと言われるのは、一つはココナッツオイルに含まれるビタミンEです。ビタミンEは保湿力が高く、肌への浸透性が高いため、肌の奥まで成分が届くのです。肌をやわらかくする働きもあるので、固く、厚くなった角質をやわらかくして、ニキビなどの肌荒れを予防してくれます。さらに、ラウリン酸が炎症を抑える働きをするので、吹き出物やニキビケアとしても役に立ちます。

ココナッツオイルでクレンジング

ココナッツオイルは肌にやさしいので、肌の弱い人にとってもおすすめです。特に肌荒れがひどいときには、クレンジングオイルとして使うといいでしょう。洗顔をする前に、ココナッツオイルを500円玉程度手に取り、顔に塗ります。よくなじませたら、ぬるま湯で流しましょう。もしくは蒸しタオルでふき取ります。その後、いつものように洗顔をします。肌荒れがひどい場合には、洗顔料を少な目にして洗うといいですよ。

保湿オイルとして使う

保湿効果の高いココナッツオイルは、お風呂上りの保湿オイルとして使うのがおすすめです。お風呂から出たら化粧水をつけ、ココナッツオイルを塗ります。ベタつきも少ないので、快適に使うことができますよ。ココナッツオイルは化粧水などの浸透性を高める働きもあるので、化粧水の前に使う方法もあります。化粧水の前に使うか、保湿オイルとして使うかは、肌の状態によって、決めるといいでしょう。

さまざまな使い方によって美肌効果を高める

抗酸化作用が高く保湿効果があると言われるビタミンEと、抗炎症作用・抗菌作用のあるラウリン酸を含むココナッツオイルは、肌荒れを改善してくれます。肌にやさしいので、敏感肌の人にもおすすめ。肌荒れがひどい時にはクレンジングとして使うのもいいでしょう。化粧品の成分を肌の奥まで浸透させる効果もあるので、化粧水の前につける方法もおすすめです。乾燥している時には、スキンケアの最後に保湿オイルとして使いましょう。

最新記事

2016.2.1
大手百貨店も認めるココナッツオイル
2016.2.1
水分量0.04%の極限のココナッツオイル
2016.2.1
本場アメリカNo1ココナッツオイル
2016.2.1
ハーブ業界のパイオニアが作るオイル
2016.2.1
高品質で安全なココナッツオイル

No.1

エクーア

エキストラバージンココナッツオイル

安全性
5
品質
5
お求め安さ
5

No.2

レインフォレストハーブ

オーガニックバージンココナッツオイル

安全性
4
品質
4
お求め安さ
5

No.3

Dr.ブロナー

オーガニック バージン ココナッツオイル

安全性
4
品質
3
お求め安さ
4

運営者紹介

運営者紹介

美容にもダイエットにも役立つココナツオイル。さまざまなココナッツオイルが販売されていますが、比較してみると、使い心地も効果もさまざまです。その中で安全に使用でき、効果もきちんと期待できるものを選びたいものです。このページでは、おすすめのココナツオイルや効果、正しい使用方法などについて解説しております。

更新情報